【フリマアプリ】メルカリとラクマの違いを徹底比較!

スポンサーリンク
ショッピング
スポンサーリンク

ここ数年でフリマアプリって有名になりましたよね。

私もよく出品したり購入したりしています。

有名なフリマアプリとして、

  • メルカリ
  • ラクマ(旧フリル)

の2つがあります。

ラクマは楽天のフリマアプリだよ!

この2つのアプリの違いを出品者側購入者側の観点から比較していきたいと思います!

▼ダウンロードはこちら▼

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ
ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ
ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

出品者側の違い

まずは出品者側の観点から違いについて説明していこうとおもいます。

出品者側では

  • 販売手数料
  • 振込手数料(売上金を現金化する時にかかる手数料)
  • 独自の配送方法と最安値

の3点の違いについて説明します。

メルカリラクマ
販売手数料10%3.5
振込手数料200円210円(注1
独自の配送方法と最安値ゆうゆうメルカリ便
175円
かんたんラクマパック
179円

(注1 1万円以上の申請で振込先を楽天銀行にした場合無料

独自の配送方法はメルカリとラクマの両方とも全国一律の値段で、郵便局が配達をします。

どちらも匿名配送なので個人情報が流出しなくて安心ですね!

同じものを送る時は全体的にラクマのほうが配送料が高いです。

すごく高いわけではないのですが、一円でも多く利益を出したいですよね。

ですがメルカリのほうが販売手数料が高いので、高額の商品を売る場合はラクマをおすすめします!

すぐに売りたい場合は利用者の多いメルカリがいいよ★

購入者側の違い

購入者側では

  • 競合性
  • 即購入のしやすさ

について違いを説明します。

メルカリラクマ
競合性
即購入のしやすさ基本できる場合による

人気なものやすぐに売れてしまうものは、ラクマのほうが競争率が低いので買いやすいです。

また、ラクマはメルカリよりも安い値段で売っていることもよくありますよ。

即購入については、メルカリは基本的にすぐ購入できます

出品者によっては商品詳細のところに

「即購入できません!」

「購入前にコメントしてください」

と書かれている場合があるので忘れずにチェックしてくださいね。

一方でラクマは購入申請というものがあり、

出品者が承認して初めて商品を購入することができます。

すぐに購入可と書いていない場合は基本的に購入申請が必要になりますよ!

ですので、すぐに手元に商品が欲しい場合はメルカリをおすすめします。

メルカリは平均して24時間以内に発送している出品者には、

スピード発送バッジが表示されるので早めにほしい場合はこれを参照するのもいいとおもいますよ!

メルカリとラクマの違いのまとめ

メルカリとラクマはどちらにも利点と欠点があるので、

アプリを両方とも入れて価格比較することをおすすめします!

私の見解ですが、まず入れるとしたらメルカリのほうがいいと思います。

私も最初はメルカリをダウンロードし、取引に慣れてきたらラクマも入れました!

ラクマの使う人がこれからもっと増えてくると嬉しいです♪

また、ラクマはよくキャンペーンを行っていて、頻繁に3%オフクーポンがが配信されていますよ。

現在は1000円買うと1000円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

初めての購入限定なので、この機会にアプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

また配送料がかかる大型のものを売りたいときは、ジモティーがおすすめです。

無料の商品もたくさんあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね!

▼ダウンロードはこちら▼

地元の掲示板「ジモティー」
地元の掲示板「ジモティー」
開発元:JIMOTY, INC.
無料
posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました